看護師関連の情報を収集してます


by pdeggf6mle
 大宮盆栽美術館(さいたま市北区)の大熊敏之館長(51)が開館当日の28日朝、委嘱辞退届を市側に提出してきたことが明らかになった。

 市が30日、記者会見した。市は慰留しているが、辞退届には「副館長に権限が集中し、館長職は単なる対外向けの助言者に過ぎない」などの不満が記され、留任の条件として運営予算や人員の増加などを要望しているという。清水勇人市長が31日に直接面談する。

 大熊館長は週2日勤務の非常勤職員。26日に委嘱状を受け取っていた。さいたま市の利根昇・市民局長によると、開館当日の朝、美術館内で利根局長に委嘱状を返還し、委嘱辞退届を提出してきたという。利根局長は「市長と協議する」として、扱いを留保した。予算や人員面での要望について、市は「できる部分とできない部分がある。誠実に対応したい」としている。

 大熊館長はさいたま市在住。富山大芸術文化学科准教授(工芸デザイン史)で、盆栽を美術的な観点から論じる数少ない研究者として、美術館の展示監修者に招かれた。展示品の構成や展示方法、学芸員の人選などに大きな影響を与え、今年1月に館長に内定した。

 利根局長は、採算面や準備不足などを指摘する報道に触れ、「記事の内容に傷つけられたと思っている。それがかなりある」とも述べた。大熊館長は、読売新聞が開館に期待を寄せる盆栽組合関係者の声を紹介した記事に対し、「なぜ特定の人物だけを取り上げるのか。特定業界と関係した運営を行うような誤解を与える」と抗議してもいた。

拉致支援法改正案を可決=31日成立へ−参院委(時事通信)
保育所で1歳児大やけど、高温の湯で体洗う(読売新聞)
<私のしごと館>わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
フリー、ネット記者10人が出席=内閣記者会が開放−首相会見(時事通信)
法科大学院24校「不適合」、教育内容に問題あり(読売新聞)
[PR]
# by pdeggf6mle | 2010-04-02 01:27
# by pdeggf6mle | 2010-03-30 23:54
 奈良県桜井市で5歳男児が餓死した事件で、亡くなった吉田智樹君の腕にアイロンのようなやけどの跡が残されていたことが24日、捜査関係者などへの取材で分かった。
 奈良地検は同日、保護責任者遺棄致死罪で、両親の吉田博(35)、真朱(26)両容疑者を起訴した。裁判員裁判の対象となる。
 捜査関係者らによると、智樹君には約30カ所のあざや傷跡があり、額には切り傷、腕には三角形のやけどのような跡があった。真朱容疑者は「机で打ち付けたり、アイロンで跡を付けたりした」などと供述。児童相談所に自ら電話をし、事件が発覚した経緯については、「息子が水も飲まなくなり、動かなくなった。死期を悟ったため、会社を休んで電話した」と話しているという。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ
2件目の強盗殺人、女を追起訴=鳥取連続不審死
「検察官甲子園」で熱戦=高校生が模擬裁判
抗うつ剤で心神耗弱認める-強盗殺人未遂・さいたま

<非配偶者間人工授精>「人生が虚構のように」当事者が証言(毎日新聞)
厚労省が時短ガイドライン発表(産経新聞)
重文窃盗、新たに2人逮捕=観音像80万円で売却−福岡県警(時事通信)
民主、2人目の擁立断念…参院選新潟選挙区(読売新聞)
診療履歴をデータベース化=IT新戦略骨子を決定−政府(時事通信)
[PR]
# by pdeggf6mle | 2010-03-27 19:53
 自民党の大島理森(ただもり)幹事長は24日の記者会見で、政府が発表した郵政民営化を見直す「郵政改革法案」について、「まさに『民から官へ』の郵政先祖返り法案だ」と述べ、強く批判した。

 大島氏は、政府案について「5年前、多くの民意をいただき成立した郵政の完全民営化路線を真っ向から否定するもの」と指摘。党内が法案への反対でまとまるかとの質問にも、「そういう見通しを持っている」と強調した。石破茂政調会長も政府案を「とても容認できるものではない」と批判した上で、党内の意見集約を急ぐ意向を示した。

 党内には、舛添要一前厚生労働相が会長を務める「経済戦略研究会」など郵政民営化の徹底を求める意見がある一方、民営化法案に反対して離党し平成18年末に復党した議員を中心に、民営化見直しに好意的な声もある。

 昨年12月の日本郵政株式売却凍結法案採決の際は、自民党は「審議拒否中」だったため、党としての態度表明をせずに済んだ。石破氏は24日、「(党内の議論に)大きな齟齬(そご)があるとは思っていない」と強調したが、意見集約が容易に進むかどうかは不透明だ。

【関連記事】
郵政改革基本法案を正式発表 民業圧迫批判に配慮 政府出資3分の1超
郵政、民営化から“肥大化”へ転換 民間に一定配慮も「基本」は堅持
ゆうちょ銀の限度額2千万円に 「民業圧迫」批判で引き上げ幅圧縮
生保協会長、郵政事業拡大に反対表明
「郵政改革法案、早期提出」 亀井郵政改革担当相
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「警察への国民の信頼損なった」覚醒剤使用の元警部補に有罪判決 東京地裁(産経新聞)
民主、5月末までにマニフェスト原案(産経新聞)
民主「言論封殺」で危険水域 内閣支持率30%割れ目前(J-CASTニュース)
普天間問題で首相、検討段階と強調 2案提示案は「推測記事」(産経新聞)
事業認定取り消し請求を棄却=静岡空港訴訟で反対派敗訴−静岡地裁(時事通信)
[PR]
# by pdeggf6mle | 2010-03-26 13:13
 魚やキノコに多く含まれるビタミンDが、季節性インフルエンザ予防に効果があることを東京慈恵会医科大のチームが突き止めた。ビタミンDのサプリメント服用によって、発症率が半分近くに下がったという。実験結果は10日付の米臨床栄養学会誌に掲載。ビタミンDはワクチンや抗ウイルス剤のような副作用もなく、価格も安いため、途上国の予防対策としても期待できそうだ。

 同大の浦島充佳准教授のチームは、平成20年12月〜21年3月の流行期に、12病院の協力で6〜15歳の子供334人を対象に実験。半数にビタミンD(30マイクログラム)入りカプセルを、残り半数にビタミンDが入っていないカプセルを毎日与えた。ビタミンD入りグループのインフル発症率は10・8%で、ビタミンDなしの18・6%の約半分に収まったという。

 ビタミンDは、サバなどの魚類やシイタケなどのキノコ類に含まれ、体内で細胞の抗菌物質を分泌。食事だけでは十分でなく、紫外線を浴びることで皮下脂肪のコレステロールの一種がビタミンDに変わり、増える。インフルの流行は日照時間が短い12月に始まることから、これまでもビタミンDとの関連性が指摘されていたが、実証されていなかった。

 浦島准教授は「ワクチンは流行の型で効用が大きく左右される。ビタミンDはよほど大量に摂取しない限り副作用がなく、安価」と指摘。特に途上国ではワクチンが十分行き渡らないこともあり、「ビタミンDは途上国のインフル予防対策として効果がある」と話す。(杉浦美香)

【関連記事】
緑茶うがいでインフル予防 カテキンがウイルス活動抑制
季節性インフル予防接種「1000円」なの?
新型インフル 「サッカー選手に予防接種を」イタリア代表医師
手荒れに注意 新型インフル対策で洗いすぎ!?
新型インフルエンザ予防するには? Q&A
20年後、日本はありますか?

<歯周病>骨髄液から歯ぐきを再生し治療 広島大で成功(毎日新聞)
能古島切断遺体 尻に複数のあざ 他の部位を捜索(毎日新聞)
パラリンピック 鈴木が銅メダル リベンジ果たす(毎日新聞)
今月末に日米外相会談 国務次官補は来月訪日意向(産経新聞)
岡田外相、20日ハイチ訪問(時事通信)
[PR]
# by pdeggf6mle | 2010-03-24 08:53